気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相棒8 第3話『ミス・グリーンの秘密』感想 

 

相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック
(2009/10/14)
TVサントラ

商品詳細を見る


もうね、この公園クライマックスのシーン、何度繰り返してみたことか。
涙ぽろぽろ出て、好き過ぎて、参りましたよ。
ここでかかっていた”木漏れ日”という曲も大好きです。


ネタばれですので お気をつけ下さい。
また 長いですので、お時間のあるときにどうぞ。




次々と走り出すパトカー
公園で落ち合う怪しい若者と上品な老婦人。
クライマックス直前から始まる不思議な構成でした。

全体的に 花と緑が溢れるイングリッシュガーデンの 
雰囲気が漂っていて それに物々しい機動隊の出動とが
不穏なバランスで とても個性的な回だったのだと 
あらためて感心しました。

この公園シーンの10日前、一人の男性(野村)が自宅で
死んでいるのが発見されるんです

数日後に重要な情報がある、と 話の長い主婦から電話がかかってきて
事件は特命係へ。

主婦に「この雑誌見たことあります?」と聞かれて
右京「あぁそういえば(Yes)」神戸「いえ、ちょっと・・(No)」と
同時に返事が・・笑。
かみ合わなさ加減が相棒になったばかりな感じで良いですね。

「今日うかがいましたのは・・」と神戸君が話し出したところで
「ああ、これ(紅茶)はシッキムですね」とか
ことごとく神戸君の話の腰を折る右京さん。笑。

右京さんが、神戸君に ミスグリーンへ張り付くよう指示を出します♪
「自分のやることは 言わないんだ」とぼやき出ました!

にしても内偵へったくそですわw
玄関を覗いてて速攻で見つかるし!
庭仕事をお手伝い神戸君。小さなスコップ片手に土堀りです

上品なミス・グリーンと神戸君。とても雰囲気が調和して
素敵な絵になっています。

庭で紅茶を飲む二人のシーンが素敵すぎてvv
「あたしからみれば あなたはまだ新芽のようなものよ。
 初々しい 新芽のようなものだわ」って言われて
「僕をいくつだと思ってるんですか?」ってにっこり笑う神戸君、
超可愛すぎる!!!

右京さんのチェス盤の駒をさりげなく動かす神戸君♪
おっ 君 チェスできるのね。右京さんもなんとなくうれしそうに見えました。

ハプニング動画投稿マニアと取引現場を撮られた?ヤクザのいざこざとか
ミスリードも仕掛けられてます

野村のハプニング動画は、途中から悪質なもの・・わざと仕組んだものへと
変貌していきます。

ミスグリーンの妹さんは、野村たちに鞄をわざと池に投げ捨てられ 
拾おうとして池に落ち 心臓麻痺で亡くなったんですね。
それを指摘されてもみあううちに、ミスグリーンは野村をステッキで殴り
そのはずみで野村は死んでしまったのでした

ミスグリーンがおみやげにパイを包んでいるときに
神戸君、下駄箱から曲がったステッキを見つけ出してしまいます。

ミスグリーンに任意同行を求めるのですが 拒否。
「あとは あなたが証明するだけでしょう
礼状が必要ね 私をこのうちから連れ出したいのなら」と強気に出て
神戸君はステッキのみを持ち帰ります・・・

杉下は「君は、ミスグリーンを説得して 署に同行すべきでした」と言うのですが
これに対して神戸君は「お言葉ですが、杉下さんのお話には証拠がなにひとつありません
証拠がなければ礼状がとれません」
・・礼状がなければ彼女は家から出ません と きっちり反論するんです。

ここ、亀山君だったら絶対説得してミスグリーンを署に連れてきてましたよね
きっと。それか 同行できて無くても杉下さんの言うことに しまった、と気づいて
素直にすみません、と言うくらいか。

それが 神戸君は きちんと論理立てて反論するんですよ。ここは注目したい
ポイントでしたね。今までと違う相棒って感じ出てました。

捜査令状を持ってミスグリーンの家へ乗り込む捜査一課と特命係。
そこにはすでにミスグリーンの姿は無く ガーデニングの薬品から
爆発物を作ったことがわかってしまいます。

ミスグリーンは妹の仇である
もうひとりの動画投稿マニアの仲間(武井)を爆死させようとしていたのですね
そして自分もともに死んでしまおうと・・・

結局、自分が署に同行しなかったせいで こうなったのだと気づき
神戸君、悲痛な面持ち・・・右京さんと目があっても逸らしてしまいます

庭に残されたミスグリーンからの手紙
「最後の数日、とても楽しい時間をいただきました ありがとう」
神戸君に宛ててですよ!これ見つけてせつない顔になる神戸君と
それを見守る右京さんが良かった・・・

そして、冒頭の 公園のあのシーンへ・・!
ベンチに武井を手錠で縛り付けて、爆弾をセット。

SATが出動し、周囲を狙撃班が取り囲みます。
そこへ神戸君、ひとり飛び出していって ミスグリーンの前に出るんです。
「神戸君は、知り合いのご夫人と話をしに行くだけです」って一課を留める
杉下さんの台詞も良かった。

「あなたは、僕のことを新芽と言いました・・・
 あなたに新しい芽は 摘めません」

そう言って神戸君 泣き顔・・

「ずるいのね・・・」

って顔を背けて目を伏せるミスグリーンの手から そっと爆弾を取り去る神戸君。
何から何まで絵になる・・・

DQNな腹立つ男武井は、「俺は被害者なんだよ!」とまたくってかかるし(怒)
でも
「ふざけているのは君のほうです。
 そのふざけた考えが、ひとりの人間を殺したんです!」と
杉下さんお説教出て!すっきりしました。

帽子から喪に服すベールをそっと下ろすところもじーんときた・・
別れ際、神戸君、ミスグリーンに何か言いたげでしたね。

連行されるミスグリーンに付き添うイタミン 歩調を合わせてあげて
やさしかったな。

神戸君は警視庁時代、警備部にいたことから
「君は、まるでミスグリーンの盾になるように」弾道上に立っていたのだと
杉下さんの鋭い指摘・・・

でも「偶然でしょ?」ってとぼける神戸君に魂持ってかれました・・・v
これがカメちゃんだったら喜んで肯定するだろうに、
ただのハプニングですよ、と言ってのける彼が素敵だ・・・・!!


そのあとのオフィシャル本宣伝ミニドラマも面白かったです♪
関連記事
スポンサーサイト

category: Season7e+8 レビュー

thread: 相棒 - janre: テレビ・ラジオ

tag: 相棒 
tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。