気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

京都地検の女スタートSPミニ感想 

 

「京都地検の女」初回2時間スペシャル見ました。
ミニ感想、と書いたけど 実際はちょっと長いかな?
ネタバレなので 続きから、に下げますね。

丸山君とか仁木田監察官とかトランスジェンダーな尼さんとかゲストでご出演w
池内万作さんは相棒未出演であってるかな ?

岩下悠子さんが脚本でした。


あっ、そうだ、『陽はまた昇る』7/21(木)21時スタートに決まりましたね。
予告をやっていました。
来週はゴルフでこの時間帯(20時~、21時~)はドラマお休みのようです。


====
京都地検の2時間スペシャル

”主婦の勘!”
事件に関連したレシピで料理を作ってみんなで食べてみたり、滋賀の町を走り回ったり
ああ、この番組らしい楽しさがあるなーって見てました。

ストーリー的には、「パンドラの箱を開けちゃダメ!恐ろしいことになる」って事件に関わる皆さんが言ってたけど 寧ろ魑魅魍魎はすでに箱から出ていて、それが悪徳弁護士の大倉や人生に挫折した松岡自身だったように思う。だって箱を開けたら彼らの素敵な輝かしい思い出が出てきたんだもん。 あれ?って思っちゃった もっと誇っていいのに

大倉が望ちゃんを真実で傷つけまいとして悪役に徹するのは分かる。でも他の人(特に松岡さん)が過去を恥じるように口をつぐんでるのはどうもミスリードにしても不自然だと思ったなぁ 読みが甘いのかもしれませんが・・

松岡さん(高橋由美子)が大倉(平岳大)を庇って「あの人は純粋だったのに、社会に出ていろんな人に沢山騙されて傷ついて、ねじれてしまったんだ」と言うのを、名取裕子演ずる鶴丸検事が「社会に出て騙されたり傷ついたりしない人はいない!」ってビシリと諭すのが印象的でした

それにしても、平岳大さんってヒールな役がお似合いですねぇ
”悪い男の色気”がぷんぷんしてとっても素敵です 何人の女性を泣かせてきたの?とか思っちゃうドSオーラがw
。。。あ、いえいえ、あくまで役柄の話ですよ。

堀内敬子さんが有名ピアニスト役で、のだめの上野樹里ちゃんを彷彿とさせるくらい、ご自分でピアノを弾いていらっしゃいました。天晴れ。それも今回の目玉だったんじゃないかなー
関連記事
スポンサーサイト

category: 相棒関連レビュー

thread: テレビドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。