気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相棒9 第13話「通報者」 感想 

 

ストーリーの隙間から見え隠れする神戸君の少年時代。なーーんてね
とてもいい話だったと思います。

少年がついた嘘のわけは・・・ええっ!と驚いちゃったです

ネタバレなので下げますね

☆今しがた教えてもらってきました!
ドラマ『相棒』第13話が歴代シリーズ最高視聴率22.5%を記録

 http://www.oricon.co.jp/news/movie/84267/full/

うわーめでたいめでたい やんややんや♪

☆21:50が最高だったって。(私のTLより)
9時50分て、やっぱり襖のあたり?それとも・・・http://bit.ly/eYeZNX 瞬間最高は午後9時50分の24.9%。

ちょいねたばれ





調べたらね、兄妹が施設の前で別れるシーンでした。直前は泣きじゃくる祐太君の頭をぽんと叩く神戸君。


--
恐喝おばさん絞殺される・・・通報は子どもの声だった。

通報したけど名乗らなかったのは何故だろうってところから始まって。
それを尋ねる大人たちに、祐太少年は面倒なことに関わりたくなかったと返答・・・
中学生なのに履歴書とスピード写真:生活が苦しいので年齢を偽ってアルバイトをしようとしていた、とか

被害者の笠井俊子を知らないと返事をしたけど実は知っていた。
スーパーでトランプを万引きしたことを恐喝されてた、と返事をしたけど実は
そのスーパーにはトランプを置いてなかった。嘘のオンパレード。

中学校での盗撮事件と時期が重なり、なんらかの関わりがあるんじゃとかミスリードまであって。

参考人として名家の女当主・宗方綾乃が浮上した時、”男物の腕時計が見えた”という祐太の供述は
嘘じゃなくて本当だった、・・・演出技冴えてるよなぁ

数々の嘘をついて必死に隠そうとしていたのは、実の母が駆け落ちして家を出てしまった、という
ことだったんですね。愕然としましたよ・・・
ここでポイントは、生活保護の支給額が減るから隠していたのではなく、
保護者がいなくなったら家を出て施設に入れられてしまうから。そしてゆめちゃんに母親がいなくなったことを
告げなくてはいけないから、かな
自分は ゆめちゃんにとって最後の家族だ、自分が守らなくちゃって。。いい子だよほんとに。

にしても3人分の生活保護手当から母親の分をかつあげしてたなんて性悪女許せんっ
そして子ども達を置いて駆け落ちする母親にげんなり・・・
男の前で楽しそうにしている母親に、寂しくて心細かったんだろうなって納得してしまう祐太君。
哀しいほどに優しすぎて(涙)
そんな良い息子を置いていく親が一層腹立たしく思えた・・・

「君のことは誰が守るんだ!」アダルトチルドレンという言葉が少し前に流行りましたが、中学生にして早くも
大人にならなくてはならなかった祐太君。自分を守ってもらうという感覚が無くなってたんだろうなぁ
「キミはもう十分頑張った。もう十分だ」うん、そうだよね神戸君。ポン、と頭に手を置く仕草とか労わりの心が溢れて
切ない。そして、ようやっと泣けた祐太君・・・彼ら兄妹の幸せを願ってやまないです

施設から登校しているお兄ちゃんを見送るゆめちゃん、寂しそうな表情。
また母親のように兄までいなくなってしまったらどうしよう って 絶対思ってる。
(子役の女の子、すごいねあの年齢でこんな演技できるなんて!恐れ入った・・・)

そしてそんな兄妹を遠くからそっと見守る神戸君。亀山君とはまた違った雰囲気で熱い男でしたね^^
よく、神戸君が犯人に対して激昂とか熱くなると「亀山とキャラ被り」って言われるけど、今回はそう思わなかったなぁ
少年時代の記憶、がストーリーの隙間から見えて、彼はその想いに従って行動しているなって そう感じ取れました。

>>本日のキャラ萌え ?

・三浦さんいたー♪

・”何やってんだろうなぁ俺。”どこかしら少年時代の自分と同じものを見つけて
祐太君が心配でたまらない様子の神戸君。

何故祐太君にこだわるのかと杉下さんに聞かれて「僕も嘘が上手な子どもでしたから」
・・ほほぉ。

神戸君の過去は詳細には語られませんでしたが、どうやら不遇の少年時代だったんですね。
景徳鎮のお爺様(s9-#7 9時から10時まで)がいるらしいので実はいいとこのお坊ちゃんなんだけど
それだけじゃない ということは愛人の子とかそんな外設定?!があるのかもしれないですね。

・そうそう!証明写真前で。鏡の前でやるかな?と思ったらやっぱり神戸君前髪直してるしふふw

・特命係がいないからさびしいって教本片手にチェスの練習暇課長w

・(特命係が居なくて)寂しいという暇課長に「自分の部下が一杯いるでしょう!?」と神戸君w
特命係と組対5課では全然別なんだそうです 笑。

・「恐喝お花の先生殺人事件」暇課長、なんて判りやすいタイトルなのw

・ヒントから推理を述べる神戸君に、杉下さん「仰るとおり。」嗚呼仲良しになったねぇ

・グラスウールは傷んだ樹木の補修に造園業者が使うこともあるとトリビュート披露した右京さん。
”そんなことまで知ってるのかよありえない~”的なリアクション首揺れ神戸君にちょっと笑えたw

・造園業者でこっそり容疑者のロッカー開ける杉下さん&うろたえる神戸君再びw

・立て籠もった殺人犯を取り押さえるシーン。襖ばーーんって開けて登場イタミン+芹沢+神戸、
3人で協力して暴れる犯人取り押さえ。(ベタですが)かっこいいねぇ

・今朝も祐太くんの様子を見に行ったことがうっかり杉下さんにばれちゃう神戸君。微笑ましい朝の光景でした。
関連記事
スポンサーサイト

category: Season9+劇場版Ⅱ レビュー

thread: 相棒 - janre: テレビ・ラジオ

tag: 相棒 
tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。