気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相棒8 第18話『右京、風邪をひく』感想 その1 分析編 

 

相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック
(2009/10/14)
TVサントラ

商品詳細を見る

今回の事件を普通に時系列に並べてみます
レビューとしてはいささか面白くないかもしれませんが
自分の頭を整理したいので よろしかったらお付き合いください

今回の面白ポイントは別の記事で載せてます、リストから選んでください。

長いので許してね
<<ちょっと手直ししました>>
<<さらに少し追加・訂正しました 3/7>>
<<さらに少し追加・訂正しました 10/22>>


<<3月4日>>
女の子が風邪と喘息で家にとじこもりっきり

おじさん(西島)が通りかかり、女の子に手袋で指人形をみせてあげる

女の子は喜んで、そのおじさんに家のネックレスをあげる

おじさん(西島)、念のため質屋でそのネックレスを確認したら、
ものすごく高価なことが判明、女の子の家へ返しに行こうとする

西島は女の子の家の前まで来るが、(郵便配達員が目撃)
両親は不在らしく返せず帰宅の途につく

西島が夜道、ネックレスを持ったまま歩いていて
ジュン(東風万智子)と戸倉(滝直希)が道端でネックレスを落とし、
探している場面と遭遇

戸倉が、西島の持っていたネックレスがジュンのものと勘違いし、
西島へなぐりかかって奪ってしまう。揉み合っているうちに西島が死亡

ネックレスが無くしたものとは違うことに後から気づく戸倉とジュン。
死亡した西島を、竹林に埋めてしまう


<<3月5日>>

ネックレスがなくなり、女の子の両親が窃盗だと思い警察に相談
父親はテレビ関係の人。

女の子の母親と暇課長の奥さんつながりで
暇課長のところへ話がやってくるが3課に依頼するほどの案件でもなく、
特命係へ相談をもちかける。
課長:「どっちかひとりでいいからさぁ!」
↓   
右京さん、相談のあった夫妻(+女の子)の家に出向く

捜査(ここで女の子の風邪をゲット右京さん(笑))
(テレビ局関係の父親に筍堀りの穴場を紹介する番組担当するとかいう電話が。。)

質屋へ出向き、監視カメラからネックレスを持っているのが西島と判明。

<<3月6日>>
戸倉がジュンと別の女性とふたまたをかけていて、それに
女性(宮村みよこ)が気づいて早朝自殺未遂

女性(みよこ)の住んでいたマンションの管理人、遠山ちず
(シーズン4-2『殺人講義』のときの人。あの前沢さんです!!!!)
が発見して、右京に電話で相談。この時点で右京さん、風邪っぴきで登庁してます。

右京(A)と神戸(B)は別行動。

(A)
右京、西島の住むマンションへ出向くと行方不明らしいことに気づき、
右京は管理人に捜索願を出すように勧める。
隣人の女性(実はジュン)を見かけ聞き込みをすると
挙動不審で右京レーダー発動

右京から鋭い指摘を受けて動揺したジュンは戸倉へ電話。

右京、夜に女の子の家へ途中経過を報告に行く
帰り道、女の子が右京の後を追いかける
(女の子はおじさんとネックレスの件について告白)

(C)へ

(B)
西島を捜しに行く右京の代わりに遠山さんのところへ神戸君登場

「結婚詐欺にあった」と騒ぐが金銭は取られていない模様、
「警察は介入できません」と神戸は突っぱねるも、右京の指示で
戸倉とみよこ+管理人の話し合いに立ち会うことに。

喫茶店。
みよこに「遊びだったんですか?」と聞かれ「ごめんなさい」と素直に謝る戸倉
思わずみよこはナイフを振り上げ、神戸に取り押さえられる。

戸倉はみよこへ「お詫びのしるしに!」と(実は西島から奪った)ネックレスを
差し出す。神戸がそれが高価なものであると指摘すると、女性は素直に受け取り
引き下がる

(C)
戸倉からジュンに電話がかかり、戸倉が「ネックレスを他の人に渡した」、と告げると
「なんで渡しちゃったの!すぐ取り返してきて」と怒鳴られる
「警察から、もう聞き込みがあった。なんだか鋭い質問された。気づかれたかも」

戸倉はみよこの家へ飛んで行き、あげたネックレスを奪い返し立ち去る

遠山さんとみよこ、神戸に電話。”戸倉が「ネックレスを強盗した」”と相談。
神戸は「もう遅いので、明日対応します」と返答


<<3月7日>>
(D)
<<竹林で遺体発見>>
筍堀りの穴場紹介の番組(!)を見て堀りに来た老夫婦が遺体を発見、
前日に捜索願いが出されていた西島と判明

遺体発見のテレビを見て二人は海外へ逃げるため荷物をまとめ始める。
戸倉はホテルへ潜伏

隣家への聞き込みで 伊丹はジュンが怪しいと踏む
ジュンは刑事達が帰った後、伊丹から受け取った名刺を破いてゴミ箱へ捨ててしまう

(E)
<<右京と神戸が情報をそれぞれに持ち帰る>>

夫妻の家から無くなったネックレスの画像を見て、これが戸倉が女性に渡した
ネックレスと同じものだと気づく
戸倉のつきあっていた別の女性がジュンであることも判明
ここで、西島(ネックレス)⇔戸倉⇔ジュン が つながった!

戸倉の家へ出向く神戸(+右京は車で待機)
隣人のお姉さんから「旅行に出かけましたよ」と教えられる

ジュンに事情を聞きに行く右京と神戸、旅支度で出かける寸前を確保

殺して埋めるなどということは、女手一人では無理。戸倉の犯行を疑うが
ジュンは口を開かない。
神戸に「ふたまたをかけていたような戸倉をなぜ庇うのか」と問われ
「私は天涯孤独だった。だから今は戸倉を大事に思っている。
 孤独な、誰とも縁がない西島が死んでも 別に誰も困らない」と言い放つ
ここで、
右京が、西島は寂しがっていた女の子に指人形をしてあげた事を話す。
「西島さんは天涯孤独では決してありません
 亡くなって、悲しむ人が 確実にいるのです」
人は、自分の気づいているところでも、そうではないところでも
誰かを支え、また支えられて生きている。人間とはそういうものだと。。

ジュンは自分のしたことに呆然となる

神戸はゴミ箱から破れた伊丹の名刺を見つけ、つなげてテーブルの上へ戻す。
(自首しなさい、って意思ですね)

神戸はみよこ宅に出向き「ネックレスは諦めてください」と報告
しかし、「彼はあなた方が望む以上に、きつい罰を受けることになります」と告げる


(F)
捜査一課:イタミンの刑事の勘発動「目が泳いでた・・・・」

捜一トリオがジュン宅を再訪・説得

ジュンは素直に犯行を認め、連行される

(G)
ジュンが警察車両に乗り込むとき。
「犬が拾っちゃった」と 散歩の人が
ネックレス(ジュンが無くした方のもの)を警察に差し出す・・・

(H)
ジュンが素直に自供し、戸倉(ネックレスを持っている)も逮捕。
スピード解決に鼻高々な伊丹たちに、ほほ笑む特命係。

右京、女の子に「おじさん(西島)から預かってきました」とネックレスを返しに行く
「おじさんは仕事の都合で遠くへ行きました」(・・・泣けた・・・)

(I)
花の里。神戸君、やっぱり風邪ひいてますwwwww


これらがね、すごく面白い順番で出てくるんですよ(笑
遺体発見(D)がまず出てきて、次に伊丹たちがジュンを再訪する(F)(H)が。
で、もろもろ、もろもろ(笑)で、最後が(G)そして(I)。

脚本家さんの遊び心がもう これでもかこれでもか・・・と詰め込まれていて
はい、今まだ1度見ただけなんですけどね、これから何度でも何度でも
見直して、おもしろ部分を見つけたいと 思ってます☆

関連記事
スポンサーサイト

category: Season7e+8 レビュー

thread: 相棒 - janre: テレビ・ラジオ

tag: 相棒 
tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。