気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相棒9 第4話「過渡期」 感想 

 

色々な意味で櫻井さんてすごいと思った・・・

ぼんじりほど難しくはなく、主張がはっきりしていて 話も判り易くて 
見ごたえたっぷりでした。
あちこちにミスリードが仕掛けられていて なんなの?本当は誰が悪いの?って
画面から目が離せなかったです


ネタバレなので下げますねー




---
---

所轄全体で事件を隠蔽しているような雰囲気に思えたり
はたまた鑑識係長が組織ぐるみの横領を隠蔽しているように見えたり
友達のてっちゃんが怪しく見えたり
町内会の第一発見者のおじいちゃんが怪しく思えたり
もうミスリードだらけで、でもそれらが心をわしづかみにするのデス

時効撤廃という事象を、新しい切り口で見せてくれました。

時効によって証拠品が遺族に返される機会が無くなって、孫はすんなり証拠品のお金・・500万を
返してもらえなかった。
それでも遺族の還付請求で貴重品なら返してもらえるってんで猪瀬(元)刑事に食い下がる孫。
それが、実は猪瀬がその500万を横領していたので それをもみ消そうと孫を殺害した
・・ってのが一段目の落ちで、

本当はそれが真実ではなく、孫が殺人の真犯人だと気づいた猪瀬が、怒りのあまり孫を
殺してしまったというのが本当のところだったんですね これが2段目の落ち。

真犯人への追及の途中まで神戸君もそれに気づいてなくて、杉下さんが真実を口にしたとき
「ええっ?!」て驚いていたのが印象的でした。視聴者と同じリアクションだよねぇ

猪瀬が孫を(殺そうと)襲ったのは、本当に”怒りのあまり””魔が差した”のでしょうね
真実を知ったときの猪瀬の ”ひっ”ってひきつり声がリアルすぎて怖かった・・・
上から投げ落としたのは警察官の対面を守るために周到に工作したって事か

事件を必死に追うあまり、健康を害し、家族まで失ってしまった刑事の悲哀。
それと証拠品の管理の杜撰さや、それを隠蔽しようとする警察の体質とかにもチクリと針を刺し、
時効撤廃のエピソードは、それにまつわるトリビア的知識っていう扱い方で非常に斬新でした。
つい、哀しいエピを思いがちですが、その裏をかかれたというか・・・お見事。

杉下さんの、猪瀬への非常に痛烈な言葉も櫻井節でしたね
(要約すれば、”卑劣なことをするキミはすでに警察官などではなくなっていた” ということ 
 これを非常に厳しい言い方に変換してました 怖かった) 

どこをとっても文句なしに見ごたえのある今回でした。



◎本日のキャラ萌えー

三浦さんいたー!

神戸君「やっぱりね♪」

孫が帰国した理由が「君にもすぐわかります」「いま教えてくれないんだ。」だったのですね。
結局おじいちゃんに証拠品の返却について説明してるときに自分で気づく賢い子神戸君。

杉下さんの、誰にでも(おじいちゃんにさえもw)追及口調なところを諌める神戸君。
でも「一言多いのは君のがうつったのかも」とかって負けてないし杉下さんw

副賞の件で所轄がプールしてるお金にまつわり、杉下さんと神戸君が言い合いをするのも
見てて面白かった。結局一本取ったのは杉下さん。神戸君はまだまだねw


大河内さんから丸山係長の経歴書を簡単に借りてきちゃう神戸君に
杉下さんから「仲が良いんですねぇ」の一言wwww

ちゃんと鑑識倉庫の整理、覚えていたんですね 杉下さん。
最後の「刑事に雑用などありません」ってお説教、なんとなく良い意味で亀山時代初期っぽくて。
こういうやりとり、また見てみたいです。

あっ そだ うちも流れてましたよテロップ。
転落死させてたシーンで
「西宮の夫婦殺害の事情聴取男が妻を殺して投身自殺」のような感じで
wwwwwww
事実は小説よりも奇なり てか 怖すぎるんです・・・


>>予告。
おいw陣川君!!キミがブーケをゲットしてどうするwキミは男の子でしょwwwww
前田慶次郎と石田三成がお話しているように見えて仕方ない件wwww
来週がいでらしく楽しみですw

関連記事
スポンサーサイト

category: Season9+劇場版Ⅱ レビュー

thread: 相棒 - janre: テレビ・ラジオ

tag: 相棒 
tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。