気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相棒8 第6話『フェンスの町で』感想(完全版) 

 

Eternal: The Best of LiberaEternal: The Best of Libera
(2008/12/15)
LIBERA

商品詳細を見る


いつもの脚本家さんとは違う方でした分、とても新鮮で面白かった回だと思っています。

とにかく神戸君が色々活躍したのが良かった!
独自推理展開に、変装に、いじめられっこかばったり、おっさん呼ばわりされたりw

フェンスのある町、を フェンスの向こうに踏み込むことなく、
周囲の生活が抱えている問題を描いているところが いろんな意味でよかったです

あ、それと犯人男の子二人が仲が良くて まるでBLねって当時話題になりましたよね。
それと土本君、村越君のネーミングもこだわりが^^>ザ・ストリート・スライダーズ

リベラ少年合唱団(LIBERA)
アルバム名: Eternal: The Best of Libera
曲名: 邦題「秘密」/英題「Secret」


続きから詳細、参ります。


リベラ少年合唱団の清らかなボーイソプラノで始まったこの回。
その歌声とは裏腹に、黒ずくめの男が銃を携え郵便局へ飛び込んでいくシーンから始まります
後からその男は中学生だと判るんですが この絶妙なバランス感覚が切なさを誘うわ。。
脚本が福田健一氏という、相棒初登場の、新人な方でいらっしゃいまして
もうどこを切っても新鮮なお話だったと思います。
またS9でも 福田さんに書いて欲しいって思ってます。

基地を擁する とある町で、強盗に襲われた郵便局を現場検証する捜査一課。
訓練された無駄の無い動きと早々に敷かれた検問を易々と突破し消えうせてしまった犯人に 
どうしても 『フェンスの向こう』・・基地関係者の犯行を疑ってしまうトリオ・ザ・捜一。

でも、内村刑事部長・中園参事官は”フェンスの向こうのことは忘れろ”と指示。
芹沢君、反発して不満そう。中園さんの物まねうまいしww
それに”目で”突っ込みを入れるイタミンも楽しい。

防犯カメラから犯人の凶器を特定し、同じもの(エアガンを改造したもの)を”楽しく”作っちゃう米沢さん。
それを見せてもらいに行く右京さんに 今回も神戸君ひょこひょこ付いていきます。
改造ガンに”そそられる”と言いかける米沢さんに視線で突っ込みを入れる神戸君w

”君もそろそろ 捜査と言うものに慣れてきた頃でしょうから”と、杉下さんは神戸君に意見を求めます。
二人は師弟関係なのだなぁって思えてきたのはこのあたりだったような気がします^^
それで、郵便局で怒涛の長台詞ですよ!ミッチーよくがんばった。うん。
 
杉下:「ここから先は 君の協力が必要です」って言うから何が始まるのかと思えばww
ハーフキャップのヘルメット&グラサン&上下コート 犯人の服装にコスプレ神戸君がv
楽しいものを見せてもらいましたwスラックスの裾を直してあげたり、なんかちょっと保護者な杉下さんw

サバイバルゲームのサークルの活動拠点へ。"方向音痴だし大丈夫ですか(S8-2)"と突っ込まれて不機嫌神戸君w
BB弾を避けて・・上司に当たっちゃうwwwwいいのかカンベ・・・汗
”君いざとなると とても俊敏ですね”って。

土本公平 15歳が浮上し、学校へ行くと・・いじめられてる!
それを さっ と止めに入る神戸君がカッコいいv
母親の通報もあり逮捕されます。

鑑識で所持品をチェックしていて・・・国語の教科書に爆弾の化学式が!
爆薬と起爆剤のリスト、一目見ただけで判断できる神戸君がさすが元警備局・・・!
”強盗して得たお金で爆弾を作り、教室を爆破して それからどこかへ逃げてひとりで暮らしたかった” と
でも、爆弾には時限装置がついてないことに杉下さんは目をつけます。

追及していくうちに、黙り込んでしまう少年。
暇課長の息子・・・課長と顔そっくりだのに 化粧してビジュアルバンドだってwwww

公平君の部屋へ行き、調べているうちに 基地の部分を真っ黒に塗りつぶした地図が出てきます
離婚した夫から暴力を受けていた母親は、公平が夫に似てくる・・・と 恐れている模様。
基地関係の車とトラブルになったせいで結果リストラされ、家庭崩壊してしまった土本家。

話を聞かせてもらいたいんだけど 学校をさぼってる4中生におっさん呼ばわりされむかついてる神戸君www
いやあなた大丈夫。とても今も綺麗だしっ

やがて村越という少年が浮上してくる。母親は基地の軍人相手に娼婦?!やってる・・・
多すぎる爆弾の材料から ”基地に侵入して爆弾を爆破させる”のが真の計画ということがわかって。

この事件は、村越君と土本君が二人で計画したもの。
土本君が捕まっても 爆弾を一部見つけさせ警察を欺いて 残りの爆弾で村越君が基地を爆破させる
ところまで考えていた・・・

「親が憎いですか 先生が憎いですか 基地が許せませんか」
「唯一の理解者である村越君を 君は見殺しにするつもりですか」
一番大切な友達を 無くしてもいいのですか、と説得を続け 土本君から村越君と爆弾のありかを聞き出します

村越君、かわいい男の子だなぁ(爆
(このときの神戸君はちょっとお疲れ気味で顔浮腫んでて残念・・汗)

"なぜ僕たちが この場所を突き止められたかわかるよね?"
"土本君が君を助けて欲しいと言っています"って説得・・・
ここでまた、冒頭のボーイソプラノが流れて。一件落着・・・

”しゃべっちゃってごめん””なにがごめんだよ”って顔を見合わせる二人がなんとも甘酸っぱい友情ネ。


関連記事
スポンサーサイト

category: Season7e+8 レビュー

thread: 相棒 - janre: テレビ・ラジオ

tag: 相棒 
tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。