気分はパルトネール

ドラマ『相棒』S7-18~S10感想/ミッチー・神保さん情報メモしてます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相棒S12 第9話「かもめが死んだ日」感想メモ 

 

まだまだ書ける気がしない・・と思ってたのですが、ちょこっと時間もでき、思い立ち。
遅くなりました&簡単ですが感想メモです。

ひねった展開や胸に刺さるエピももちろん素晴らしいですが、今回のような通常の緩い?!話でも
輿水さんの脚本は面白いですね。そして橋本監督の演出と好相性でした。

↓ご興味のある方は続きを読むからどうぞ


==
カイト君曰く(うろ覚えすいません)、「遠い昔の甘酸っぱい記憶に惹かれて首を突っ込んだらガツーンとダメージ喰らった」
これが今回の内容を集約してますよね

小学校時代、可愛い想い出の中にいる彼女。でも成長した姿はとんでもないアバズレ・・
2サスや刑事ものによくありがちな展開でしたが、そのぶん見やすかったし、輿水さん脚本のせりふ回しを楽しみ、プラス橋本さんの個性的な演出もマッチしててどことなく昭和の香り。料亭の雰囲気・芸妓さんの美しさに癒されて楽しいひとときでした。
半玉の女の子かわいかったなー 甘え上手でしかもスレたとこが無くて。まるで姪っ子ちゃんが叔父さんにおやつをおねだりするみたいで、無邪気さがキュートでした。
川原さん、外波山文明さんとがっつり取調室タイムでしたね。^^
あ、それと、私は 杉下さん&幸子さん 歓迎派ですv悦ちゃんと同意見。異論は認めるけど。
関連記事
スポンサーサイト

category: Season12感想メモ

thread: 相棒 - janre: テレビ・ラジオ

tag: 相棒  水谷豊  成宮寛貴 
tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。